紫外線はお肌の大敵!日焼け止めの選び方

夏は海や山へのレジャーにお出かけになる方も多い事でしょう。そこで気になるのが紫外線です。

 

小麦色に日に焼けた肌は健康的で良いと思うかもしれませんが、紫外線に当たりすぎることはあまり良い事ではありません。今回は紫外線によるお肌への影響と、日焼け止めの選び方などについてまとめていきたいと思います。

<紫外線とは?>

太陽から降り注ぐ光の成分は波長の長さによっていくつかの種類に分けられます。その一部を紹介すると、波長の長い物より、赤外線、可視光、紫外線、X線、ガンマ線などに分類されます。

 

紫外線は私たちが目に見える可視光より波長が短く、レントゲン撮影に用いられるX線より波長が長い領域に含まれています。(ご存知の通り紫外線は目には見えません。)

 
紫外線には波長の長い物からUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の3種類があります。波長が短いものほどエネルギーが強くなります。

 

地上に主に降り注いでいるのはUVAとUVBです。UVCはオゾン層によってほとんどが吸収されてしまいます。主に私たちの肌に影響を及ぼしているのはUVAとUVBとなります。
次にUVAとUVBの違いについて説明していきましょう。

<UVAとは>

UVAはUVBに比べると波長が長くエネルギーは小さくなります。ならば、肌への影響は小さいのでは?と思いたいところなのですが、長い波長のUVAは雲やガラスをも通り抜け、肌の奥深くまで入り込むという性質があります。すると皮膚内部のコラーゲンにダメージを与え、やがてシミやしわなどの原因となります。

<UVBとは>

UVBはUVAよりも波長が短い分、エネルギーが大きく、皮膚表面を赤く日焼けさせる「サンバーン」を引き起こします。シミやしわだけでなく、皮膚がんの原因にもなります。波長が短い為、日傘などで防ぐことが可能です。

<日焼け止めの種類>

日焼け止めには大きく分けると2つのタイプがあります。

 
一つ目は紫外線散乱剤です。このタイプは紫外線を反射する事により皮膚へ紫外線が届かない様にする働きがあります。ノンケミカルタイプとも言われます。
肌への負担が少ない為、肌の敏感な人に合ったタイプです。欠点は塗った後、白く残りやすいところです。

 

二つ目は紫外線吸収剤です。こちらは紫外線を吸収して熱などに変換し、外へと逃がす働きがあります。紫外線を防ぐ上では効果が高い反面、肌への負担は大きくなります。
最近では技術の進歩により肌への負担が軽減された商品も開発されています。

<SPFやPAとは?>

日焼け止めの商品に必ず表示されているのがSPFとPAです。どんな意味があるのでしょうか?
SPFとはサンバーンを起こすまでの時間をどれだけ延長できるかを表すものです。UVBに対する効果の目安になります。

 
SPF1単位あたり約20分なのでSPF20の商品だと約400分(6時間強)日焼けを防げるという事になります。(100%そうなるわけではありません。)
PAは+~++++で表されます。こちらはUVAをどれだけ防げるかの目安となります。+の数が多い程、防ぐ力が強くなります。

<日焼け止めの選び方>

生活シーンによってどんな日焼け止めを使えば良いのかまとめてみました。

日常的な外出(お散歩、買い物などの軽いもの)→SPF10~20、PA+~PA++
屋外での軽いスポーツ、レジャーなど→SPF20~30、PA++~PA+++
炎天下でのスポーツ、マリンスポーツ、リゾート地など→SPF30~50+、PA++~PA++++
すぐ日焼けして赤くなりやすい人や紫外線の強い場所に行く場合→SPF40~50+、PA+++

 

数字が大きい程、紫外線を防ぐことが出来ますが、その分、肌への負担は大きくなります。
実際に使ってみて、自分の肌に合った物を選びましょう。

<日焼け止めの効果的な使い方>

紫外線が最も強い時間帯は午前10時から午後14時までの間です。この時間帯に外出する場合はしっかり日焼け止めを塗りましょう。
曇りや雨の日も紫外線は降り注いでいます。雲の量にもよりますが晴れの日の5~8割程度、雨の日は晴れの日の2~3割程度の紫外線量があります。

 
天気に関わらず日焼け止めを使うのが効果的です。
また、日焼け止めは汗で落ちてしまう為、3~4時間ごとにこまめに塗り直すのが効果的です。

 

いかがでしたか?紫外線の最も強い季節です。日焼け止めでしっかり対策をして夏のレジャーを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です